皆さん始めまして‼︎

麻布十番から10分ほどの場所で
The Marvelous Sun & Son Music
(ザ マーヴェラス サン & サン ミュージック )ギタースクールの代表をしています高木といいます。

今回初めてのブログなので私とギターの衝撃的な出会いについて書かせて頂きます。

私とギターとの出会いはなんと30年も前の事です。 かなしい。(泣)

高校一年の文化祭。その日は音楽室で学校中のバンド達がハードロック、ヘビーメタル、ポップ、パンクなどを演奏していました。

私達の年代はハードロック全盛期で日本のバンドだとアースシェイカーやラウドネスが海外ではバンヘイレン 、イングヴェイマルムスティーン、ナイトレンジャーやラットなどのギターヒーローが主役のバンドが沢山あり歌よりもギターソロという時代だったのです。

そのステージには幼なじみの友達が白のトーカイ(日本製)のギターを持ってエディバンヘイレンの暗闇の爆撃機(イラプション)を彼なりにアレンジして弾き

アースシェイカーのモア(ヒット曲)のミュートフレーズ(右手のひらを使い低音の効いたパーカッションの様な音を出す奏法)の曲を弾き出したのです。

彼はその時自前のグヤトーン(日本製)のマーシャルアンプに似た50ワット程の大きなアンプを使い、私がかつて体験した事の無い身体を重低音と音圧で包み込む様な音を出してプレイしていました。

私はその頃10才ぐらいから始めていた空手の剛柔流(種類)を極真空手(k-1の元となった空手)に変え始めたばかりでした。空手の神秘性に惹かれ、ブルースリーの革新性を研究しながらどうすれば最強の男になれるのか日々考え努力していたのです。

そこに突然現れた衝撃的な出来事、何とかごまかしながら高校3年の進路を決める時まで空手家であり続けました。

が もうすでに始めていたギターへの衝撃は収まらず、命をかけた空手を捨てギターの修行の為に京都から上京し専門学校のギター科に通う事を決断したのです。(つづく)

素晴らしいギターレッスンin麻布

高木