今日はインディーズシーンで活躍するシンガーソングライターの男性のレッスンに立川に来ました。^ ^

ギターを弾きながら歌う。

いいですね。

エリッククラプトン
ジミ ヘンドリックス
ボブ ディラン
ポール ヤング

スーパースター達 はこのスタイルが基本です。(*^^*)

彼のリクエストは、一人や少人数で演奏している時に自分でギターソロが弾きたい。

というものでした。

以前リリースしたアルバムからオリジナルを聴かせてもらい、どの様にソロを弾きたいのか好みを聞きました。

彼の音楽はストレートで素朴だけど深みもある。

という印象。

聞けば、人の音楽はコピー出来ないけどオリジナルならすぐ作れるそうです。

素晴らしいですね。テクニックを身に付ければ、より世界が拡がっていきます。

特に一人で弾き語りをしている時に、いきなり単音のメロディで弾くというのも寂しくなりそうなので、コードに応えるメロディみたいに弾ける様にジミヘンドリックスがよくやるテクニックを見せました。

これは言葉では説明しにくいんですが、左手親指でベースパート、小指以外の3本指でハーモニー、小指で装飾音やカウンターメロディ(合いの手)。

なにやら複雑ですが慣れれば凄く使えるギターテクニックのひとつです。

これは今ではジョンメイヤーや元レッドホットチリペッパーズのギタリスト、ジョン フルシアンテ等に受け継がれていますが、ジミが尊敬していたカーティスメイフィールドからの影響から発展させたと云われています。

親指で低音弦を押さえるのは、慣れないと少し難しいです。しかし、ロックギタリストと自負する人達には是非マスターして欲しい必須のテクニックです。
(*☻-☻*)

レッド ツェッペリンのギタリスト、ジミーペイジの様にギターを低く構えてカッコ良くギターを弾きたい人は練習あるのみ。

ジョージハリスンの様に優等生っぽくていいのであれば、このテクは必要ありません。^ ^

話しが脱線しましたが、

筆者がライブで演奏する時もよくやるテクニックです。

素晴らしいギターレッスンin麻布

高木

20140329-000244.jpg
Boy with guitar
by ND Strupler